医師になるために

黒板3

医学部予備校に入る前に

医学部予備校に入る前にしなければいけないことがあります。 それは、自分に医師の資格と覚悟があるのかどうか、改めて確認することです。 高校生にそのような覚悟を負わせるのは酷かもしれませんが、医師は成績の良さよりも、人間関係の方が大切と言われています。例えば自閉症状のある人の中でも、高機能自閉症と呼ばれる人々は、高い学業成績を誇る傾向にあるといわれています。IQも高い人が多いそうです。しかし、彼らは人間関係においては、ほぼその機能をはたすことが出来ていません。人間関係は論理が優先されないからです。 そのような人は、医学部に入っても、国家試験に受かっても、研修段階で躓く可能性があります。そこで味わう大きな挫折感が、本人から生きる気力を奪うケースもあるのです。

予備校を社会的文脈で活用しよう

人間関係に悩む人も諦める必要はありません。人間関係は、理性と感情のバランスをとることと、心理学的アプローチを身に着けることで改善できます。そうすることで、自閉症の人でも医師を目指すことは可能です。 出来ることであれば、医学部予備校も、自閉症患者、障害者への配慮をしてほしいものです。それに加え、今後はジェンダー問題も絡んでくることでしょう。人が自分の特性を活かしながら、医師として活躍できる社会の実現に向けて、医学部予備校も尽力してほしいものです。 そのような予備校であれば、受験産業だけでなく、社会的にも意義のある教育団体となることができますし、そこで学ぶことで、これからの新しい社会で生きる医師の道徳形成にもなるはずです。医学部予備校の役割も、変化していく必要性に迫られています。

医学部予備校を選ぶ

数式を解く子ども

勉強の仕方を知っておかなければ、受かるものも受からない。それが大学受験というものです。医学部を目指しているなら、医学部予備校というものをきちんと選択する必要があるのです。

Read more