最先端の

先生2

近所のご家庭とのつながりある通塾の姿

最先端の塾の運営方法は、インターネットでの、マンツーマン通信指導になるそうです。中学生や高校生がいる、ご家庭では大半が、通塾している現実があります。それまでは、家の近所にある進学塾などで、兄弟同士で通うこともありました。そうなると学年が違っても、一人の先生が数人を受け持つ場合がでてきます。それなら具体的な学校の授業の、指導方針からずれを修正するには至りません。また以前には教員免許を持つ講師への、自宅での開塾などがありました。集中して授業や、進路への指導はありますが、保護者まで出入りできる環境ではありません。近年では大型ショッピングモールでの、開塾などが目立ちます。やはり通塾に関して、便利さと安全性が配慮される結果だといえるでしょう。

子ども同士の配慮と保護される学習支援

先程述べたように大型ショッピングモールで、開塾に至る理由はメリットはあります。一つはガードマンなどの、保安や安全面が補完できることです。近頃は子どもの身辺を、保護してほしい要望が強くあります。そして夜遅くなると、車などの送迎が用意にできることです。これにはショッピングモールの、専用駐車場が利便性が高いのです。そうなると子ども同士で、成績の悩みを知られることなく、勉強へ精力を傾けられる環境が整います。ここで言う悩みとは、同じ学校の仲間うちでは、容易に知られたくない事柄があるからです。今後は一層子どもの格差が広がる予測が出ています。子ども同士でお互いへの、配慮がインターネット塾や、ショッピングモール塾を普及させているのでしょう。